×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

北タイのきのこ


ヘットファーン  ( เห็ดฟาง )

英名 : Straw (わら) Mashroom

hetfarn01.jpg


 「フクロタケ」といって、中華料理で使われる「きのこ」です。
タイでは「藁(わら)タケ」と呼んでいます。

 「いなむら」の残り藁などが雨にあって腐りかけたところに、自然に発生することもありますが、市場で売られているものは、稲藁を使って培養されたものがほとんどです。
 最近は、タイにも、「きのこ工場」のような、大規模栽培をする農家もあらわれて、缶詰工場などにも出荷しているようです。

甘味のある美味しいキノコですが、香りにやや癖があるのが難点かもしれません。他の野菜類などと一緒に、炒め物などにすると香りは気にならないかもしれませんが、当地では、炒め物のほか、「ケーン・チュート」という「澄し汁」風のスープに入れることが多いようです。