×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   北タイの野菜

パク・ウート ( ผักกูด )

Diplazium esculentum  (RETZ.)  SWARTZ.
( メシダ科・ヒメシダ属 または、イワデンダ科・ヘラシダ属 : Athyriaceae )

 (タイ)  パク・ウート・カーオ、パク・ウート・ナーム ( ผักกูดขาว、ผักกูดน้ำ)
 (日本)  クワレシダ          (絶滅?)
 (英)   Paco、Edible Fern、Vegitable Fern


 日本にも、先島諸島など暖地ではよく見られたものだそうだが、地質年代的な気候の変動の影響か、ほとんど見られなくなり、「絶滅種」ということになっているらしい。
 タイで食用に供される「シダ植物」は、このほかにも,数種類 あるようだが、
 日本の 「ワラビ」 のように「根」 から「でんぷん」 を採取するということは聞いたことがない。

 タイでは、食用のシダ類は、すべて、「パク・ウート」と呼んでいるようで、このほかに、以下のようなものがあるらしいが、詳細については不明である。


Shizaeaceaeフサシダ科・カニクサ属 Lygodium microphyllum
Thelypteridaceaeヒメシダ科・ヒメシダ属Thelypteris interrupta
Peperomiaceae科名・不詳Peperemia pellucida Korth
Marattiaceaeリュウビンタイ科主として、薬用


pakuut.jpg


パク・ウートヒロハノコギリシダ( D. dilatatum ) に似る大形のシダで、沖縄に自生していたらしいが、現在では見られなくなり、日本では 絶滅種 ということになっているのだそうだ。
 『学生版牧野日本植物図鑑』 には、同属では、「 ヘラシダDiplazium subsinuatum ) 」 だけが掲載されている。
俗に「ヒトツバ」 と呼ばれる、ペラっとした葉1枚 だけの羊歯(シダ) で、似ても似つかない姿であるが、同じ、Diplazium 属なのだそうだ。

 このあたりでは、川岸や、谷すじなどの水辺に近いところなら、どこにでもみられる植物であるが、市場に出荷するため栽培もされているようである。
 わずかに開き始めた若芽は、「ワラビ」とよく似た食感である。
 また、少々開き気味のものの食味は、
コゴミ ( クサソテツ : Matteuccia struthiopteris」 に似ている。
 淡白な味で、「ワラビ」 のように「灰汁抜き」の必要がまったくない。
一度に、たくさん食べると、眠気をもようすので、「パク・グオン(眠くなる野菜)」 と、勝手に呼んでいる。
 茹でて、「つけ味噌(ナム・プリック)」で食べるか、「ケーン」 の具にする。
「ほうれんそう」 の 「おしたし」 のように、醤油 と 鰹節 も美味である。
 「パク・ウート」は、「食物繊維」 を除けば、あまり栄養分の多くない「ダイエット食品」 だそうである。


【 薬効 】
 ・ 疲労回復、体力消耗の回復に効果あり。
 ・ 「ベータカロチン」 が多く、視力回復に効果があり、免疫力向上にも。


100グラム中の栄養価
『 野菜333種類 』( センデート社、2005年12月刊 ) より転載

カロリー 食物繊維 カルシウム リン 鉄分 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ニコチン酸 ビタミンC
 19 Kcal  1.4 g  5 mg  35 mg  36.3 mg  17167 IU  0.34 mg  0.08 mg  0.5 mg  15 mg